各種設定マニュアル

Windows Liveメール

オプション設定

  1. Windows Live メールを起動します。

  2. メニューバーの「ツール(T)」から「アカウント設定(C)」をクリックします。

    「ツール(T)」が表示されていない場合は「メニューバーの表示(M)」をクリックして、メニューバーを表示させてください。

  3. 表示された「オプション」の画面から「全般」タブを選択して、以下のように設定します。

    メッセージの送受信
    ■「起動時にメッセージの送受信を実行する(S)」 通常チェックしない
    ■「新着メッセージをチェックする(C)」 通常チェックしない
    ※チェックすると、指定した時間ごとにメールの受信を自動で行います。
    チェックする場合は、「コンピュータがインターネットに接続していない場合(O):」をご利用の環境に応じて設定してください。
  4. 「送信」タブを選択して、以下のように設定します。

    送信
    ■「メッセージを直ちに送信する(I)」 通常チェックしない
    ■「新着メッセージをチェックする(C)」 通常チェックしない
    ※作成したメールは、いったん「送信トレイ」フォルダに保存され、送受信時にまとめて送信されるようになります。
    ■「メール送信の形式」 「テキスト形式(P)」 を選択

    設定しましたら、「エンコードの設定(G)...」をクリックします。

  5. 表示された「送信メッセージのエンコード設定」を、以下のように設定します。

    • ■「既定のエンコード(D):」 「日本語(JIS)」 を選択
    • ■「メッセージの返信に英語のヘッダーを使用する(W)」 通常チェックする

    設定しましたら、「OK」ボタンをクリックします。

  6. メール送信の形式」の「テキスト形式の設定(E)...」ボタンをクリックします。表示された「テキスト形式の設定」を、以下のように設定します。

    メッセージ形式
    ■「MIME(M)」 を選択
    ■「エンコード方法(E):」 「なし」 を選択
    ■「8ビットの文字をヘッダーに使用する(W)」 チェックしない

    設定しましたら、「OK」ボタンをクリックしてます。

迷惑メール対策機能
  1. メニューバーの「アクション(A)」の中の「迷惑メール(J)」からセキュリティのオプション(F)」を選択します

  2. 「オプション」では迷惑メールの可能性があるメールのレベルを調整したり、迷惑メールフォルダ」に移動させずに削除する設定もできます。

    「迷惑メールを[迷惑メール]フォルダーに移動しないで削除する(P)」にチェックすると迷惑メールと判断されたメールは全て削除されます。

  3. 「差出人セーフ リスト」では必要なメールが迷惑メールと判断されてしまったとき、差出人セーフ リスト」 に送信者のアドレスやドメインを登録すると、迷惑メールとして処理されなくなります。
    ここでは例として、「idaten@catv296.ne.jp」を追加しています。

  4. 「受信拒否リスト」では迷惑メールとして処理したいメールアドレスを登録すると、迷惑メールとして処理されます。
    ここでは例として、「meiwaku@xxxx.com」を追加しています。

  5. 「インターナショナル」 では海外から来るはずのないメールのトップレベル ドメインアドレスをブロックすることができます。

  6. 「フィッシング」 ではフィッシングの可能性のあるメールを自動的に[迷惑メール]フォルダーに移動させます。

  7. 「セキュリティ」 HTML形式電子メール内のイメージファイルのダウンロードなどセキュリティの設定ができます。


PAGE TOP