各種設定マニュアル

Outlook Express 6.0

オプション設定

  1. Outlook Expressを起動します。

  2. 「Outlook Express」の画面が表示されます。

  3. メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。

  4. 表示された「オプション」の画面から「全般」タブを選択して、以下のように設定します。

    メッセージの送受信
    ■「起動時にメッセージの送受信を実行する(S)」 通常チェックしない
    ■「新着メッセージをチェックする(C)」 通常チェックしない
    ※チェックすると、指定した時間ごとにメールの受信を自動で行います。
    チェックする場合は、「コンピュータがインターネットに接続していない場合(O):」をご利用の環境に応じて設定してください。
  5. 「送信」タブを選択して、以下のように設定します。

    送信
    ■「メッセージを直ちに送信する(I)」 通常チェックしない
    ※作成したメールは、いったん「送信トレイ」フォルダに保存され、送受信時にまとめて送信されるようになります。
    メール送信の形式
    ■「メール送信の形式」 「テキスト形式(P)」 を選択

    設定しましたら、「エンコードの設定(G)...」をクリックします。

  6. 表示された「送信メッセージのエンコード設定」を、以下のように設定します。

    • ■「既定のエンコード(D):」 「日本語(JIS)」 を選択
    • ■「メッセージの返信に英語のヘッダーを使用する(W)」 通常チェックする

    設定しましたら、「OK」ボタンをクリックします。

  7. 「メール送信の形式」の「テキスト形式の設定(E)...」ボタンをクリックします。表示された「テキスト形式の設定」を、以下のように設定します。

    「メッセージ形式」の枠内
    ■「MIME(M)」 を選択
    ■「エンコード方法(E):」 「なし」 を選択
    ■「8ビットの文字をヘッダーに使用する(W)」 チェックしない
    ■「返信や転送をする場合、元のテキストをインデントする(O)」 通常チェックする

    設定しましたら、「OK」ボタンをクリックしてます。

  8. 「接続」タブをクリックして、以下のように設定します。

    • ■「送受信が終了したら切断する(H)」 通常チェックする

    設定しましたら、「OK」ボタンをクリックします。


PAGE TOP