各種設定マニュアル

Windows Outlook 2002

オプション設定

  1. Outlook2002を起動します。

  2. プルダウンメニューの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。

  3. プルダウンメニューの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。

    送受信
    ■「接続したら直ちに送信する(I)」 チェックしない
    ダイヤルアップ
    ■「既存のダイヤルアップ接続から切り替える前に警告する(W)」を選択
    ■「バックグラウンドの送受信時に、自動的にダイヤルする(D):」 お好みに応じて設定
    ■「手動の送受信が終了したら切断する(H)」 お好みに応じて設定

    「送受信」の部分にある「送受信(S)...」ボタンをクリックします。

  4. 表示された「送受信グループ」が、以下のように設定されているか確認します。

    • グループ“すべてのアカウント”の設定
    Outlook がオンラインのとき
    ■「このグループを送受信時に含める(I)(F9)」 チェックする
    ■「次の時間ごとに自動同期をする(V)」「終了時に自動同期を実行する(X)」 通常チェックしない
    Outlookがオフラインのとき
    ■ 「このグループを送受信時に含める(O)(F9)」 チェックする
    ■ 「次の時間ごとに自動同期をする(Y)」 通常チェックしない

    設定しましたら、「閉じる(L)」ボタンをクリックします。

  5. 「メール形式」タブを選択して、以下のように設定します。

    メッセージ形式
    ■ 「このメッセージ形式で作成する(O):」 「テキスト形式」 を選択

    「メッセージ形式」の部分にある「文字設定オプション(I)...」ボタンをクリックします。

  6. 表示された「文字設定のオプション」画面を、以下のように設定します。

    「エンコードオプション」の枠内
    ■ 「送信メッセージのエンコード方法を自動選択する(A)」 チェックする
    ■ 「送信メッセージで優先使用するエンコード方法(O)」 「日本語(JIS)」 を選択

    設定を確認しましたら、「OK」ボタンをクリックします。

  7. 「オプション」の画面に戻ります。

    「ひな形およびフォント」の部分にある「フォント(F)...」ボタンをクリックします。

  8. 表示された「フォント」の画面を、以下のように設定します。

    「メッセージのフォント」の枠内
    お好みで設定しますが、固定幅のフォントを推奨します。
    例) MS ゴシック, MS 明朝
    ※インターネットのメールでは、一般に固定幅のフォントを利用します。

    設定しましたら、「OK」ボタンをクリックします。


PAGE TOP